虫歯とは細菌によって歯が溶かされる病気であり、決して自然に治癒することはありません。 放置しておけばそのまま悪化してしまうため、歯科医院で細菌に侵された歯の一部分を削る必要があるのです。 虫歯は進行段階によって名称が異なり、一般的には「C0」〜「C4」に分類されます。 ここでは、虫歯のメカニズムと段階別の虫歯の状態と治療法をご紹介します。

虫歯は進行すればするほど、歯を失う可能性も高くなり、また、治療費の負担も大きくなります。しかし、早期に発見すれば治療の期間も短くなり、治療費の負担も軽減されるのです。虫歯をほおっておくとどうなるか?ここでは虫歯の進行度を学んで重度な虫歯にならないように対策をねりましょう。


早期発見により、ブラッシングや薬剤を使用し、再石灰化させて、削らずに治療する事が出来る。 よって、早期発見の為にも定期的な検診が必要になる。


この段階から治療が必要になります。虫歯ができ始めの状態。患部を削って詰め物をする程度で済みます。

 

 


虫歯が進んで小さな穴が開いた状態。患部を削って詰め物をする程度で済みます。

 

 


虫歯がさらに進行し、大きな穴が開いた状態。歯の根の治療をした後、かぶせ物や詰め物をします。

 

 


歯冠が崩壊し、根っこだけが残っている状態。虫歯が根の中まで進行し、抜かざるを得ない場合もあります。

 

 

「虫歯かもしれないけど、なかなか歯医者に行けない」という方のなかには、「治療の痛みがいやだから」という方もいるかもしれません。そんな方もご安心を。銀座さくら通り歯科では、できるだけ痛みを抑えた無痛治療を行っています。笑気麻酔法、表面麻酔法、局所麻酔法など、治療中の痛みをほとんど感じない方法を採用していますので、安心して治療をお受けいただけます。

 

根管治療について
虫歯が進行すると、神経・血管などが詰まっている「歯髄」にまで細菌が感染してしまいます。 それによって歯根の先で「のう胞(膿の袋)」が形成されてしまった状態を「根尖病巣」と言います。 この状態を治療・予防するのが「根管治療」です。具体的には、進行した虫歯に侵された歯の神経を除去し、 神経が入っていた根管を洗浄してから歯根の先まで薬を注入します。 歯根は被せ物などの土台にもなるため、長年にわたって歯を残していくためにも重要な治療なのです。