小児歯科治療

虫歯や歯周病、そして事故など、様々な要因によって歯は失われてしまいます。 このようにして欠損してしまった歯の歯槽骨にインプラント(人工歯根)を埋め込む治療法を 「インプラント治療」と言います。インプラント本体は外科手術により顎の骨に埋め込みます。埋め込まれたインプラントは、平均 6〜12週間の治療期間を経て骨にしっかりと結合します。
インプラント治療によって、見た目も機能も天然歯とほとんど変わらない歯を 手に入れることができます。そのためインプラントは、乳歯、永久歯に続く「第3の歯」とも呼ばれています。

 

単独歯欠損のケース

歯が 1 歯のみ欠損した場合、従来では失った歯の両サイドを削り、被せ物をするブリッジにより治療をするケースが多かったのですが、その場合、健康な天然歯を 2 本削らなくてはなりません。このケースでのインプラント治療では健康な天然歯を全く削らなく治療ができます。

 

複数本欠損のケース

このケースでは複数の歯が欠損しインプラント治療とブリッジを併用し修復をはかったケースです。

 

無歯顎(歯が全くない)ケース

無歯顎(歯が全く無い)の状態に固定式ブリッジを複数のインプラントを用いて固定し修復したケースです。

 

インプラントとバーを固定し、総義歯(総入れ歯)を固定したケースです。これに通常の入れ歯よりしっかり固定され、ほぼ自然に近い噛み心地が味わえます。

 

ここでは、日暮里ステーションタワー歯科で行うインプラント治療の流れとメンテナンスについてご紹介します。

虫歯・歯周病など口腔内の診査を行い、レントゲン診査やかみ合わせ、身体の状態を診査します。

レントゲンやCTなどによって、インプラントを埋め込む部位の骨量や骨質を検査します。 この際に全身的な疾患やかみ合わせ、周囲の歯の状態なども検査します。

検査による診断結果を基に治療計画を作成します。インプラント治療の概要から完了までの手順や手術後の定期検診、 治療費用についてもここで説明します。

麻酔を用いて歯肉を切開し、顎の骨にインプラントを埋め込んで歯肉を縫合します。

仮歯を取り付け、インプラントが顎の骨と結合するまで待ちます。歯の状態によっても異なりますが、 早ければ1ヶ月半、遅くとも4ヶ月ほどで結合は完了します。

インプラントと骨がしっかりと結合したことを確認して型を取り、人工歯を作成してインプラントに取り付けます。

手術後は、インプラントを長持ちさせるためのメンテナンスを定期的に行います。 定期検診とホームケアによって「第3の歯」を大切にしましょう。

 

単独歯欠損の症例


 

複数歯欠損の症例