小児歯科治療

年をとったり、口腔内の手入れを怠ると歯周病やむし歯の影響により歯を失うことも少なくありません。 また、事故などによって歯を失ってしまった場合も同様に生活に大きな支障が出てきます。 具体的には食事の際に物が噛みにくくなって消化が妨げられ、審美性、発音にまで悪影響を及ぼしてしまうのです。 そうした状況を改善するために歯を失った部分を補う、取り外しタイプの人工歯が「入れ歯」です。 入れ歯は大きく「総入れ歯(総義歯)」と「部分入れ歯(部分床義歯)」とに分けられます。

総入れ歯

すべての歯を失ってしまった場合、その欠損を補うために総入れ歯を入れます。 すべての歯を人工のものに変えるため、大なり小なり違和感は必ず出てきますが、 慣れや定期的なメンテナンスによって違和感を緩和することが可能です。 たとえ歯がなくなったとしても口腔内は絶えず変化しているため丁寧なブラッシングや定期的な検診は必須です。

 

部分入れ歯

歯が何本か連なって抜けてしまった場合、部分入れ歯を入れることで欠損を補います。 部分入れ歯は、「床」と呼ばれる土台に人工歯を並べ、床に取り付けたバネで支えとする歯(維持歯) に固定する構造となっています。この時に維持歯が部分入れ歯全体を支えているため非常に負担が大きくなるのが特徴です。 最近ではこうした欠点を補う技法などが開発されています。

 

入れ歯には保険診療で入れることができるものと、自費診療になるものの2種類があります。 ここでは、それぞれの素材や特徴についてご紹介します。

保険対象の入れ歯は、「レジン」という合成樹脂が素材として使用されます。レジンは費用が安価である反面、 長期使用によって劣化が起こったり衝撃によって壊れてしまったりといったデメリットを持っています。

総入れ歯

床…レジン
人工歯…レジン・既製品の陶歯・硬質レジンなど

部分入れ歯

床…レジン
人工歯…レジン・既製品の陶歯
バネ…金銀パラジウム合金・ニッケルクロム合金など


  • 自費診療の場合は、薄く加工できる金属製の素材が使用されます。薄く加工できることで装着時のフィット感が良く、 レジン製のものに比べて熱感・味覚・発音、そして見た目が自然です。

総入れ歯

床…金属(金合金・チタンなど)やレジン

部分入れ歯

床…金属
バネ…金銀パラジウム合金・ニッケルクロム合金・白金加金合金
装着の技法…アタッチメント・コーヌスクローネ冠など
  •  

    磁性式入れ歯(マグフィット)

    残っている歯根に「磁性金属」、入れ歯側には「超小型磁石」を取り付け、磁力により、 ぴったりフィットしたガタつきのない入れ歯を可能にしました。
    なお構造上、歯根が残っていない方はこの方式は採用できません。
    磁性式なので装着・取り外しが簡単で、装着時はしっかりと固定されています。
    また、お手入れも普通の入れ歯と変わらず手間がいらずです。

    ノンクラスプデンチャー(スマイルデンチャー)

    従来の部分入れ歯にみられる金属のバネがなく、大きく口を開けても入れ歯だとわからないほど自然で美しい口元になり、 入れ歯自体が薄くて軽い仕上がりなので、口の中がすっきり感じられます。
    また、残っている歯に金属のバネで固定する従来の部分入れ歯と違い、 残っている歯に負担をかけずにしっかりと入れ歯を固定できます。